ズワイガニ ギフト

MENU

人気のズワイガニの加工技術

ボイル冷凍のズワイ蟹が旨い

蟹のお届け状態には活けや生冷凍、ボイル冷凍とありますが、冷凍を選ぶ場合において冷凍でも生冷凍で購入する方が多いと思いますがそれは何故でしょうか?きっと、生冷凍のほうが鍋などでも良いダシがでるだろうと考えているからだと思います。

 

ですが、生冷凍の蟹の場合一度、塩茹でするか湯通ししないとダシに生臭さが残ってしまいます。その反対にボイル冷凍の蟹の場合、そのようなひと手間もない上そのままでも美味しく食べれると理解しておくことです。

 

仮にそのまま鍋に使用したとしても生臭さは残らないですし、十分に美味しいカニのダシがでます。また、ボイル冷凍の蟹は鮮度が高い事も理解しておくべきです。活けた状態で船上で茹でた蟹や浜茹でされた蟹と生冷凍を

 

 

自宅で塩茹でした蟹とでは旨みが違うという事です。


活けた状態で塩茹でした場合、最も鮮度の良い状態ででる蟹の旨みも急速冷凍によって閉じ込められる訳です。ですが生冷凍の蟹の場合は活けた状態で茹でるわけではないのでボイル冷凍の蟹の身の旨みほど強くはないのです。

 

加工済の蟹をおすすめしたい理由

蟹はまるまる姿で購入する方もいれば、蟹脚やポーションのように加工した状態の蟹しか購入しかしたことがないという方もいると思います。同じ品質の蟹の場合で同じ通販であれば姿のほうが価格的にはコストがかからないので安いはずです。

 

コストというのは、加工する料金だけではないですよね。例えば、同じ1kgの商品であれば姿の場合、1匹の蟹の重量を示しますがポーションや蟹足だけの場合1kgサイズの姿の蟹を加工しているとすれば1匹以上使用する事になるので当然高くなります。

 

ですが、姿で購入する場合で蟹ミソが苦手な方は当然胴のある姿を購入するメリットがあまりないですし、しかも捌いてみないと解らない胴に身が詰まっているかどうかのリスクがある為、

 

 

蟹足やポーションのほうがおすすめです。


また、蟹ミソが好きな場合は蟹ミソがボイルしている間に流れ出てしまうタラバガニを姿で購入するのではなくズワイガニかもしくは毛蟹の姿を選ばなければなりません。蟹を食べ易くポーション状態で捌く手間を考えてみてください。

 

単価は高くても食べ易いポーションなら余計な手間も必要ない上に食べれる身の量も多いわけですから子供も喜んでたくさん食べるとおもいます。お正月のキャラクターおせちを食卓にだせば少しはおせち料理にも興味が湧くでしょう。